月間検索回数BEST5

出会えるサイト検索数BEST5

 

に広告を出しているところは、登録しても出会えない悪質サイトが多いわけですが、その仕組みについてもう少し触れておきましょう。

 

悪質サイトはメール送信料が高額

 

エロ雑誌などの男性誌に載っている出会い系サイトでは、言い方は悪いですが、だますターゲットとなる男性を集めているとも言えるわけです。典型的な例では、出会える女性がひとりもいない出会い系サイトです。素人女性がひとりもいないというのは、出会えない系というより、悪質サイトといったほうが適切ですが、こうしたところは実在します。そして、男性とやり取りする女性は、運営者が雇ったサクラの場合もありますし、運営者自身がサクラを演じている場合もあります。登録すると、彼らを相手に、何度もメールを送ることになるのですが、こうしたサクラだらけのサイトは、メール送信1本だけで300円縲F500円もします。一般的な出会える系サイトのメール送信は50円縲F70円ぐらいですから、最大で10倍もの差があるわけです。そして知らないうちにメールだけで1万円ぐらいになってしまうわけです。しかも、どんなに頑張っても会えません。

 

無料サイトの同時登録の罠

 

または、登録も利用も無料となっている悪質出会い系サイトもあります。こうしたところは、登録すると、スポンサーサイトと称して何サイトもの有料出会い系サイトに同時登録されて、同じようにサクラ相手にメールのやり取りをさせられるわけです。

 

こうした詐欺サイトは、大体メール送信の料金が高額になっていますので、料金を確認すれば、サクラだらけの詐欺サイトかどうかが分かります。だまされない対策としては、料金メニューを確認することがあげられるのですが、詐欺サイトだけあって、料金表示を明確にしていないケースがほとんどです。料金メニューが不明なところは間違いなく出会えない系ですから、安易に登録しないことがいちばんの対策となるでしょう。